日本独立党

我が国日本の真正なる独立を目指します。

チベット首相来日

   実は今月2月4日から、チベット亡命政府ロブサン・センゲ首相が来日している。これまで中国は、チベットを侵略・支配し続け、少なくとも1950年から80年までの間に120万人以上ものチベット人が虐殺されたと言われている。しかも中国は、多くのチベット人に対して不法な逮捕勾留、チベット語の禁止、文化財や歴史遺産の破壊を繰り返し、それは今も続いている。

   中国はかつて20万人の人口しかなかった南京で30万人が日本軍によって「虐殺」されたと、明らかな嘘を吐いているが、人民解放軍は、600万人いたチベット人の五分の一に当たる120万人を文字通り「虐殺」した。これはナチスホロコーストにも匹敵する世界史的大虐殺である。その様な非道を現在進行形で行っている中国から、我が国が過去の「侵略責任」を非難されるいわれは些かもない。

   我が国のメディアはセンゲ首相の訪日を殆ど報じていないが、中国の悪質な反日プロパガンダに対抗するためにも、我が国はチベット共闘して「チベット大虐殺」の非道性を世界に発信すべきだ。実は安倍首相もかつて野党時代の12年11月にダライ・ラマ法王と会談し、「チベットの人権弾圧を変えるために全力を尽くす」と約束をしているが、その約束は未だ果たされていない。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2012-11-13/MDEM2B6KLVRI01