日本独立党

我が国日本の真正なる独立を目指します。

田母神俊雄氏の新著『日本の敵』(KKベストセラーズ)を読んだ。

田母神俊雄氏の新著『日本の敵』(KKベストセラーズ)を読んだ。周知の様に、著者は、平成二十六年に出馬した東京都知事選挙に絡む業務上横領と公職選挙法違反の容疑で逮捕された。業務上横領では、政治資金を私的に流用し、また公選法違反では、選挙運動員への金銭授与を指示した疑いがかけられたが、今年平成二十九年五月の初審判決では前者については無罪、後者については執行猶予付有罪判決が言い渡されている。著者に悪意はなく、法律違反を犯した事実はないと信じているし、昨年五月の参院選への出馬を控えたタイミングでの突然の逮捕に、何か検察による政治的な思惑の臭いを感じざるをえないが、それでもチャンネル桜の水島聡社長の様な「偽装保守」を安易に信用し、水島社長が紹介した人物を選対事務局長、会計責任者に据えて、政治資金を一任してしまったこと、金銭授与に関する著者の指示はなかったとはいえ、そもそも金銭授与が法律違反であることを知らず、選対事務局長から金を配る許可を求められた時に明確な否定をしなかったこと、等に対する落ち度は拭えない。

とはいえ、著者は日本にとって必要な人物であることは間違いがない。それは、著者が我が国の保守運動のなかでも数少ない「真正保守」の人物だからである。世の保守論壇の大勢は、中国や韓国北朝鮮を敵視し、「日米同盟」に頼って我が国の安全を維持しようという親米論であるが、著者はそもそもアメリカへの従属政策が我が国の独立を阻害し、中曽根内閣ではF2戦闘機の自主開発がアメリカの要求で共同開発にされ、小泉内閣では、アメリカの「年次改革要望書」基づく構造改革によって我が国の社会が根本から破壊された事実を述べ、北朝鮮の脅威をいたずらに宣伝するのは、日本に高額なミサイル防衛システムを売り付ける為のアメリカの策略であることを明確に見抜いている。無論、中国や韓国、北朝鮮は我が国の主権を脅威する「敵」であり、著者もその事を述べているが、だからといって自主防衛を放棄し、アメリカの軍門に下って国防を一任しては本末顛倒である。その意味で、著者の根底を成す考えは、日本以外の国は全て仮想敵であるという独立国の指導者として本来当然の安全保障観なのであり、それこそが我が国世論の大勢を占める親米反中保守と親中反米リベラルの何れとも一線を画する著者の真面目であり、「真正保守」たる所以である。著者は本著のなかで、現在の安倍内閣に対する直接的な批判は避けているが、従来の対米従属を強化し、小泉・竹中の構造改革路線を踏襲する現内閣は、チャンネル桜の水島社長と同類の「偽装保守」である。

f:id:jpip:20170728145042j:image