日本独立党

我が国日本の真正なる独立を目指します。

我が党の綱領と政策

我が党の綱領と政策

綱領
皇室を尊ぶ
内外の国敵を打ち払う
国民の権利を守る

政策
一、勅命を仰ぎ、現行憲法を廃して大日本帝国憲法を復活し、然るのち必要な改正を行う。
一、教育勅語を復活し、国民教育の根幹となす。
一、自主核武装を断行し、国家の軍事的独立を確立する。
一、日米安保条約地位協定を廃止し、在日米軍を完全に撤退させる。然るのち日米間の対等な平和条約を締結する。
一、尖閣諸島や国境離島に自衛隊を配備する。また沖縄の自衛隊戦力を強化し、シナの侵略を抑止する。
一、原子力潜水艦や空母を保有し、外洋展開能力を構築する。
一、河野・村山談話を否定し、歴史認識を是正する。また戦後の自虐史観、無国籍主義に立つ歴史教育を正常化する。
一、日韓慰安婦合意を撤回し、韓国との国交を断絶する。
一、政府主催の紀元節奉祝式典を催行する。
一、在日朝鮮人国籍選択を義務化する。単純労働や定住を目的とした移民受入を拒否する。難民制度は廃止する。
一、国賊竹中平蔵を公職から追放する。
一、国家戦略特区制度を廃止する。
一、郵政、農協の金融部門を国営化し、外資による国民資産の収奪を阻止する。
一、TPPから離脱し、コメ麦大豆トウモロコシ等の主要農作物への関税を引き上げ、穀物自給率を英国並み(86%)に引き上げる。
一、種子法を復活し、優良で安価な農作物の安定供給を確保すると共にアメリカやグローバル企業の利益を代弁した規制改革会議を廃止する。
一、現在の農家に対する過小保護政策を改め、農家所得に対する財政補助の割合を英仏並(九割以上)に高める。
一、2013年に生物特許を禁止したドイツの例に倣い、遺伝子組換え種子に対する生物特許を禁止する。
一、家畜飼料を含む全ての遺伝子組み換え食品への表示を義務化し、意図しない混入率をEU並の0.9%(我が国は5%)未満へと厳格化する。
一、大企業への租税特別措置を撤廃し、消費税を廃止する。
一、金融市場における投機取引に対する課税であるトービン税を導入する。
一、プライマリーバランス黒字化目標を撤廃し、労働生産性向上の為の大規模な公共投資を実施する。