読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本独立党

我が国日本の真正なる独立を目指します。

安倍首相はいつから護憲派になったか。

ついに自民党は、御譲位を一代限りの特例法で実現する方針を正式決定した。ただし譲位の制度化を求める民進党に配慮し、皇室典範と特例法が一体の法律である規定を設けるという。自民党は、譲位の制度化について、客観的な要件を定めるのが困難とし、仮にそれを陛下の御意思とする場合、天皇は「国政に関する権能を有しない」とある憲法第四条に違反するとしている。しかし、憲法を根拠にするなら、特例法での譲位も、「皇位の継承は皇室典範で定める」とある憲法第二条違反である。安保法制では簡単に憲法解釈を変更出来た安倍首相が、こと御譲位に関しては憲法を楯にとるのは卑怯であり不忠である。そもそも、現行憲法において天皇が政治的権能を有さないのであれば、天皇の譲位は政治的行為にはならないのではないか。