日本独立党

我が国日本の真正なる独立を目指します。

「日韓よ、独立国たれ!」、それが金玉均の叫びだ


朝鮮独立の志士、金玉均

本日3月28日は、李氏朝鮮末期における朝鮮開化派・独立党の指導者である金玉均(1851~94)の命日である。金玉均は、忠清道両班(貴族)出身で科挙に合格し、朴泳孝等と日本を訪れて福沢諭吉興亜会副島種臣等の影響を受けた。その結果、日本を模範にした朝鮮の維新改革を志し、旧態依然たる鎖国主義に凝り固まり、宗主国たる清国への隷従を続ける閔妃(国王高宗の后)等の守旧派・事大党を排除すべく、1884年12月、大院君(高宗の父)を後ろ盾としたクーデターを敢行したが、ソウルに駐屯する清国軍(司令官は袁世凱)の介入によって挫折し、日本に亡命した。後に「甲申事変」と呼ばれるこの事件の背景には、同年4月における清仏戦争の勃発や、朝鮮に対する清国の宗主権を排除しようとしていた日本政府が、金等独立党への支援を約束していたこと等があるが、事変に際してソウル駐屯の我が軍は、金への支援を徹底し得ず、当時の竹添公使は、金や朴等を伴って日本に逃げ帰った。

かくして日本に亡命した金玉均は、清国との外交関係悪化を恐れる我が国政府にとって迷惑な存在でしかなく、彼は身を隠すべくして札幌や小笠原などの辺地を転々としたが、その間、こうした苦難の亡命生活を献身的に支援したのが、犬養毅や、頭山満や来島恒喜等の玄洋社員であった。なかでも、後に大隈重信を襲撃する来島恒喜は、小笠原まで行って金と一緒に田畑を耕し、寝食を共にしたという。金は日本で雌伏して捲土重来を期し、時局打開の好機到来を待ったが、そうした機会は一向に現れず、空しく歳月を経ること十年に及んだ。そんななか、李鴻章の子である李経方から、金と鴻章の会談の誘いが来た。頭山等の同志は、それは金を暗殺するための罠に違いないと猛反対したが、金は周囲の反対をおして出発し、渡航先の上海で、閔妃の刺客である洪鐘宇によって射殺された。金の死後、その遺体は清国の軍艦で朝鮮に運ばれ、無惨に切り刻まれた上で、胴体は川に捨てられ、首や手足は晒し物にされた。しかし遺髪や衣服の一部は、日本人の手で日本に持ち帰られ、宮崎滔天等によって葬儀が営まれ、東京真浄寺に埋葬された。また頭山や犬養の手によって、東京青山霊園外国人墓地に墓碑が建立され、今日に至っている。

「三和」の思想

以上が、大凡の事績である。金は日韓清が独立した対等な立場で提携し、アジアに侵略の触手を伸ばす西欧列強の脅威に対抗する「三和」の思想を抱懐していたとされる。これは、樽井藤吉の『大東合邦論』の影響とする意見もあるが、福沢諭吉の門下で、ソウル発の新聞である『漢城旬報』の創始者で、金玉均とも親交のあった井上角五郎の回想によると、福沢の影響であるという。金玉均は福沢から聞いたこの「三和」の所信を「興亜策」として国王高宗に奏上し、さらには自らの号ともした。井上の回想によると、金が最後、周囲の反対をおして上海に渡ったのは、李鴻章にこの「三和」の信念を説くためであったという。「金玉均君が上海に行きますことに付ては、今日までも書いた物が色々残っておりますが、何故金玉均が上海に行くことを決心したのか誰にも金君は話さない。私共にも極く秘密にして話しませんでした。所が或る晩おそく私の所に参りまして「今日は死別れに参りました、井上さん、死別れといふのはそういふことか、事情は福沢先生に詳しく申し上げましたが、実は三和の主義を以て李鴻章を説かうと思う、私が支那に行って李鴻章に面会が出来れば―或は面会する前に殺されるかも知れない、或は其の前に死ぬるかも知れない、或は又面会中に殺されるかも知れない、勿論面会後には生きては居ないだらうと思って居りますが、兎に角日本、支那、朝鮮の三国が共同一致して西洋の勢を防ぐのが目下の急務で、東洋平和の原因は茲にあるのだといふことを李鴻章に向かって説こうと思ふ」と」(井上氏『金玉均君に就て』中央朝鮮協会)。彼は日本亡命中に「岩田周作」という名を用いていたが、暗殺された上海の宿帳には「岩田三和」の名が記されていたという。

「日韓よ独立国たれ!」

甲申事変における朝鮮維新改革の失敗、そして金玉均の暗殺によって、朝鮮は独立の好機を逸し、それ以降、亡国の坂を転げ落ちて行った。朝鮮を滅ぼした最大の要因は、事大主義であり、「以夷制夷」(夷を以て夷を制する)を専らとする属国特有の因循姑息な外交である。特に朝鮮の場合、時局の逼迫をよそに、宗族や本貫を中心とした内紛抗争に明け暮れ、それぞれの党派が外勢を味方につけて内政に引き入れた結果、内憂外患交々至ると云った惨状を現出し、その時々によって、ある時はシナにより、或る時は日本により、またある時はロシアによると云ったように、一見すると大国を手玉にとって自己の延命を図るように見えながら、結局は大国の分有支配するところとなった。これに対して、我が国は忝くも世界無比の天皇陛下を戴き、明治維新によって一君万民の国体を顕現し得たことによって、国民が一丸となって外勢を斥け、国家の自主独立を全うし得た。しかるに、戦後は、その類稀なる国体を閉却し、国民は自主独立の気概を喪失し、内政ではアメリカに付くか、シナに付くかの内紛抗争に明け暮れている。その意味で、いまの我が国は、まるで李朝末期の朝鮮のようだ。

いまも昔も、朝鮮半島における我が国の戦略的な利益は、独立した朝鮮の存在である。というのも、地政学的に朝鮮半島は我が国にとって、柔らかい脇腹に突き付けられた刀であり、朝鮮が大陸の覇権国に支配されれば、その次の標的は間違いなく我が国になるからである。したがって、我が国は、朝鮮を独立国として維持し、そうした大陸覇権国との緩衝国ないしは防波堤にすることが、一貫した国防上の利益であり、それは明治政府においても然りであった。すなわち、我が国は朝鮮の独立を守るために金玉均等独立党を支援したのであり、時代遅れの中華思想によって朝鮮を属国扱いする清国と戦火を交えたのであった。また我が国は、朝鮮の独立を守るために、南下政策によって朝鮮に食指を伸ばすロシアと戦ったのであって、決して領土的な野心によって侵略したのではない。とはいえ、我が国が、朝鮮との対等な関係を模索しながらも、独立心なき朝鮮を相手に、武断併合の止むなきに至ったことは日韓両国の悲劇であった。しかしもっと悲劇なのは、それから百有余年後の日韓両国が共に、独立心なき事大主義の国家として、宗主国アメリカへの臣従を事とし、今度は新たな覇権国となったシナの侵略に脅かされていることである。泉下の金玉均が現在の日韓両国に発するメッセージは、「日韓よ、独立国たれ!」という血の叫びである。

f:id:jpip:20180328094520g:image